1月

2015

くりっく株365なら個人投資家も現物なみの配当収入が可能。

少子高齢化による急速で持続的な年金その他の社会保障給付費の増大によって財政赤字はすでに1000兆円を超えています。
社会保障への国民の信頼も揺らいでおり資産形成は自己責任でという空気が流れるようになりました。
こうした状況の中、政府は財政破たんを防ぐため低金利政策を維持しており、大胆な量的緩和で円安を誘導し財政赤字の圧縮のためにもデフレを脱却しインフレ基調への転換を図っています。

インフレが進行するとは金融資産が目減りするということです。
こうした中、一般の人の中にも株式投資やFX取引で資産防衛をする個人投資家が増えてきています。
しかし、サラリーマンなど時間を長く拘束される人が、常にマーケットの動向を注視しなければならないFXや株式投資を始めることはなかなか大変なものがあります。

そこで今注目を浴びているのが「くりっく株365(日経225証拠金取引)」です。
くりっく株365はCFD(差金決済)の一種で証拠金を拠出することでレバレッジを利用した取引が可能です。
投資対象は上場されている株式の株価指数です。
くりっく株365のメリットの第一点目は、取引期限が無制限なところです。
くりっく株365では、自動的に決済日が翌営業日にロールオーバーされ、取引したポジションは無期限で保有可能な仕組みになっています。このためマイペースでじっくり取引が可能です。

さらに、くりっく株365は取引単位が1円単位と利用しやすく、金利と配当に相当する額を取引することが可能でより日経平均の現物に近い配当が得られます。
そして取引時間が24時間ですから、時間のないサラリーマン投資家でもマイペースな資金運用が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>