2月

2015

取引所取引と店頭取引、そのメリットとデメリット。

自己責任による資産運用が一般的に唱えられてから既に多くの年月がたっています。
金融ビッグバンという大胆な金融規制緩和以降、殊に21世紀になってから多くの金融商品が発売されるようになりました。
その多くは金融工学などの金融数学を駆使した新種の商品で中には極めて複雑なものもあり、当然のことながら商品ごとにメリットとデメリットがあります。

金融商品の取引形態にも複数種類があります。
取引所取引と店頭取引です。
取引所取引はオープンマーケット、つまり公開市場での取引で、多数の投資家が競合的に取引をする市場です。
現代ではインターネットによる取引が主流となっていますが、これは取引所取引です。
時間のない個人投資家にはとても便利な方法です。

これに対して店頭取引とは、証券会社等の金融機関の店舗を訪れ、その窓口で売買契約等を行う相対取引です。
店頭取引を利用する際は、その店舗に訪れるための時間や交通費がかかるというデメリットがあります。
しかしまた、証券会社等の金融機関の窓口で担当者と相対することで専門家としてのアドバイスを受けたり取引条件の交渉をしたりできるというメリットもあります。

個人投資家が資産運用をする場合、金融商品ごとのメリットとデメリットや取引所取引か店頭取引かその取引形態のメリットとデメリットを十分考慮し、自分の人生設計や生活様式に合った最適な金融商品を選ぶべきではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>