3月

2015

商品CFD。取引時間は24時間で個人投資家も注目。

現在、FX取引(外国為替証拠金取引)がまるでブームのようになっていることは多くの人たちが知っていると思います。
FX取引というのはCFDと呼ばれる金融取引の契約形態の一種です。
CFDとは「Contract For Difference」のことで一般に「差金決済契約」と訳されています。
一定の証拠金を拠出することで担保である証拠金の何倍もの額の取引が可能になる取引契約です。
FX取引では運用の対象が外国為替ですが、CFDには他にも、国内・海外の株式や債券、株価指数、商品(コモディティー)の先物などをインデックスにし取引対象にしたものなどがあります。

この中で原油、金、銀、銅、小麦、大豆などのコモディティー市場(一次産品市場)の先物商品のレートをインデックスとする商品CFDに投資家の注目が集まっている理由は、一次産品が採れる国々が新興国として経済的に発展してきたことにあるといわれています。

商品CFDがこれまでの商品先物と異なる点はまず取引時間です。
商品CFDの取引時間は24時間なので一般の個人投資家も参入しやすくなりました。
また既存の商品先物のレートが日本国内で決定されていたのに対し商品CFDではニューヨークやロンドンのレートもインデックスとして反映される為、よりグローバルな視点での投資が可能となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>