Archive for 6月, 2016

6月

2016

株式投資の種類、店頭取引と取引所取引、インデックス取引

資産形成を自己責任で行う時代になりました。
少子高齢化と人口減少で日本は今後高い経済成長は望めません。
所得の伸びも見込めないうえ、1人当たりの社会保障費も減らして行くしかありません。
自分の資産を合理的に運用して老後の備えやまさかの時の資金を作り出す必要があります。

何十年か前であれば蓄えは銀行や郵便局の預貯金にしておくだけで何とかなりました。
しかし、現在では長年の経済停滞の為、低金利政策が続けられており預貯金金利の水準は極めて低いものでこれでは十分とは言えません。
比較的高利回りが期待できる資産運用といえば株式投資がまず思い浮かぶのではないでしょうか。

株式投資には二つの取引の仕方があります。
それは店頭取引と取引所取引です。
店頭取引とは証券会社と相対で取引する取引の仕方で非上場の株式を扱います。
株式の価格等は証券会社との交渉で決まります。

もう一つは取引所取引と呼ばれるものです。
これは東京証券取引所などの証券取引所で取引を行うものです。
株式の価格は証券取引所という公開市場での買い手と売り手の競争で決まります。
一般的には株式投資での取引というと店頭取引より上場物の取引所取引をイメージする人が多いと思います。

株式投資は元本割れをするリスクがあることはご存じだと思います。
こうした損失を減らすための方法は分散投資です。
しかし、一般の個人投資家は分散投資が出来るだけの資金を持っていないと思います。

そこで考えられるのが日経平均株価などの株価指標を取引するデリバティブ商品です。
こうしたデリバティブ商品には日経225先物とくりっく株365があります。
これらの商品は平均株価指数と言うインデックスを取引対象にするので市場全体を売買しているのと同じで分散投資と同様の効果が得られます。

また、こうしたデリバティブ商品にはレバレッジ効果があって収めた証拠金の額の何倍もの取引ができますので手持ち資金が少ない個人投資家でも高い利回りが期待できます。